80' s Web
今月の人 東京エイティーズ ショッピング ドラマ 80年代メモリーズ 80年代音楽 ヘルプ
長江俊和さん



今月の人- 一覧 -
05年03月:長江俊和さん
05年02月:中谷彰宏さん
05年01月:泉麻人さん
04年12月:南さん
04年11月:木村和久さん
04年10月:成田勝さん




1966年2月11日大阪吹田市生まれ。監督。作家。今回、携帯電話向け連続ドラマ、スカイパーフェクトTV「横浜エイティーズ」を監督。2004年の10月から配信中。携帯向けに企画から撮影までおこなったドラマは業界初。近未来型の試みに期待が高まる。2002年の作品「ゴーストシステム」(角川ホラー文庫)は、原作企画脚本監督すべてを手がけて2003年に映画化。ドラマはフジテレビ「放送禁止」、「MMR」「木曜の怪談」など多数。現在放映中の「富豪刑事」(テレビ朝日毎週木曜9時~)も監督している。ドラマだけでなく、バラエティ「アンビリーバボー」(フジテレビ毎週木曜日19時57分~)にも携わっている。
ドラマ「横浜エイティーズ」は、auのEZチャンネル、スカイパーフェクトTVのHPにて、ダウンロード可能。
http://spbb.jp/top.html

長江監督の今 「映画に必要なもの」
私の映画の原点は「犬神家の一族」(横溝正史の人気小説を基にしたサスペンス・ミステリー。名探偵・金田一耕助が得意の推理で事件を解決するシリーズ第1作。市川崑監督。金田一耕助役は石坂浩二。)なのですが、この映画のすごいところは、必要なものが全部入っているということです。物語が進み、事件が少しずつ解決されていくスリル、何もかもが明らかになったときに浮かび上がってくる人間ドラマ、全てが素晴らしい。その中でこの映画がもっとも際だっている点が、演出のケレン味(歌舞伎用語で、俗受けをねらった演出)だと思います。私にとっては「観客をびっくりさせる」というのはものすごく大切な要素です。「犬神家の一族」はその点、さまざまな角度から驚かせてくれる。それは今でも色あせることもなく、見るたびに発見があり、自分自身映像作品を作るときも、常に「どうやったら観客は驚くか?」ということを心がけています。それは映画でもドラマでも今回の「富豪刑事」や「横浜80‘S」も同じですね。
[PR]
by eighties_007 | 2005-03-07 13:03

<< 長江監督の今 「80年代をどう... 長江監督の今 「横浜80... >>
(C) Copyright 2005 SKY Perfect Communications Inc. All Rights Reserved.